太陽光発電でお得ライフ【導入して知る太陽光の恵み】

女性

産業用太陽光発電とは

オペレーター

太陽光発電というものがあります。これは、太陽光をエネルギーとして発電できる太陽電池と呼ばれるパネル状の物によって、発電をすることです。東日本大震災による、原発事故をきっかけに、自然エネルギーによる発電方法に意識が向き始めており、そういった流れがあって、太陽光発電にも注目が集まっています。太陽光発電は、既存の発電所のような大規模な施設を建設する必要が無いということも、愛知県でも注目が集まっている要因の一つになっています。

電気公共事業や事業所が太陽光パネルを設置の電気工事をして、自家発電・売電することです。原発停止によって電力不足が懸念される中、そのニーズは愛知県でも高まってきています。電力の供給が停止しても変わらずにサービスの提供ができることは、公共機関はもちろん一般企業にとっても大きなメリットです。また、売電による利益も大きな魅力です。また、ゴミの発生が少なくて再生可能なクリーンエネルギーとして社会貢献の一環としてもとらえられています。

太陽光発電といってもいくつかの種類に分類されます。まず、住宅用太陽光発電という物があります。これは一般の愛知県の住宅の屋根に取り付けられるようなタイプの物を指し、発電量は50キロワット未満です。一方、産業用太陽光発電という物もあります。住宅用との違いは、産業用太陽光発電のほうが大きな発電量で、50キロワット以上の発電量があります。また、ビルの屋上のような風が強い場所や雪の降るような地域に導入する場合など、設置する環境に適した形に設定する場合にも、産業用太陽光発電が使われます。

産業用太陽光発電の導入には多額のコストがかかります。導入を検討する議論を進める時間コスト、導入を進める部署の人的コストはもちろん、太陽光発電そのものの設置コストもかかります。10KW以上の発言規模ならば、国からの補助金が受けられるので経費を軽くすることが可能です。また、売電による利益も受けられます。大規模な電気工事が必要になるために初期投資はそれなりにかかりますが、長期的な目で見れば、カバーできるので愛知県の大企業のみならず、中小企業でも導入する事業所は増加傾向にあります。