太陽光発電でお得ライフ【導入して知る太陽光の恵み】

女性

施設の電気使用量

笑顔の男性

近年の産業における名古屋市の施設は多くの電力を使う傾向になっており、特に工場などの施設では高度経済成長期に比べて約1.5倍から2倍ほどの電力を使ってしまっているそうです。これは、今までには少なかった繊細な電化製品を作る工場が多くなってきているところにあるそうです。工場としても節電などに取り組むことで消費電力を少なくすることに取り組んでいるようですが、個人的に行うような節電では焼け石に水であることが多いです。

現在は同じ部品を作ることのできる名古屋市の工場が増えてきている影響で部品の価格競争が進み、発注を受けるためには少しでも安く商品を売らなければなりません。しかし工場自体のランニングコストが高いのでは安く商品を提供するということはできなくなってしまいます。そんな中で注目されているのが工場の敷地や屋根を利用した産業用太陽光発電の取入れです。工場というものは大抵大きな土地を持っています。その土地にある建物の屋根に太陽光発電を利用することで多くの電力を生み出すことが出来ます。

太陽光発電と工場の敷地の広さの相性の良さは先ほども述べた通りですが、実際にはどれくらいのメリットが得られるのでしょうか。一般的な規模の名古屋市の工場にある建物の屋根全域に太陽光パネルを設置したと仮定すると、晴れの日の場合一日に消費する電力の約三分の一を太陽光発電によって補うことが出来ます。最近では太陽光発電を導入している工場も多くなってきていて、それに伴い太陽光発電に関する電気工事を行ってくれる名古屋市の会社も増えてきているので、気軽に太陽光発電を行うことのできる環境が整ってきているようです。